トップ > 観光案内 > Vol.7 信州グルメ  

「私だけの信州」見〜つけた!

Vol.7 信州グルメ

北アルプスを望む自然豊かな松本平、諏訪湖から流れる天竜川をのぞきこむように壮大な雄姿を見せる中央アルプスと南アルプス。信州は山と川の恩恵を受けた伝統食が今も人々の食卓に受け継がれています。ぜひ、その味をご賞味あれ!

観光プランナー

市田柿

下伊那郡高森町で生産される干し柿の最高級品「市田柿」は海外にも輸出される信州ブランド♪♪♪しっかり粉がふいたあめ色の果肉のもちもちした食感と、上品な甘さはなんとも言えません(*^_^*)ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素も豊富。最近は「市田柿ミルフィーユ」が大ブレイク☆

市田柿

五平餅

[MAP B-4・D-4] MAPを見る(PDF)

木曽や伊那地方に伝わる郷土食。炊いたご飯をつぶして、串や割り箸にわらじ型やだんご形に練りつけて素焼きします。醤油や味噌、ゴマ、くるみなどを合わせて作る甘いタレを付ければ出来上がり。おばあちゃんが作る五平餅が大好き\(^O^)/そんな子どもも多いんですよ。道の駅やサービスエリアでも食べられます。

五平餅

うなぎ

諏訪湖から流れる天竜川では、昭和初期までやな漁が盛んに行われていました。竹や木ですのこ状の台を作り、そこにかかるうなぎをとる漁法です。うなぎを食べる食文化は今も残っていて、岡谷市や諏訪市界隈にはうなぎの名店が数多くあります(^_^)bそれぞれに焼き方や秘伝のタレが違うのでお気に入りを見つけてください♪

うなぎ

ジビエ

信州の秘境、遠山郷のジンギスや人の数より鹿の数のほうが多いと言われる大鹿村の鹿・猪料理など、下伊那地方では古くから山肉を食べる文化がありました。フランスでは高級感のあるジビエ料理として人気があるため、最近ではいろいろな店で、その野趣あふれる風味を洋食や鍋料理などで楽しむことができます(^_^)

ジビエ

三年味噌

地元の大豆と湧水で仕込んで杉桶に寝かす、無添加の天然醸造にこだわって仕上げる「三年味噌」が有名な松本市の石井味噌。創業、慶応4年から守り継がれる伝統の味噌は、全国のファンが待ち望む味わいです。味噌ぎょうざや漬物をはじめ、味噌ようかん、くずもち、みそあめなどの味噌スイーツも人気です(*^^)v
Webサイトはこちら

三年味噌

山賊焼き

山賊焼きの発祥地と言われる塩尻市と松本市など、中信地方で人気の鶏肉料理。ニンニクをきかせた特製のタレにしっかり漬け込んだ鶏のモモ肉に、片栗粉をまぶして油で揚げています。ジューシーでボリューム満点(^O^)/豪快にかぶりつくとおいしいですよ♪♪♪

山賊焼き
Page Top

お電話でのお問い合わせはこちら 0265-82-8511

  • メールでのお問い合わせ
  • オンライン宿泊予約
観光案内 オンライン宿泊予約 空室・宿泊プラン検索
  • よくあるご質問
  • ホテル概要
  • 宿泊料金表
  • シェフのこだわり
  • あっぷる豚
  • 露天風呂 早太郎温泉
  • おすすめスポット